気管支拡張剤の副作用 風邪薬の効能

風邪薬についての情報が満載です。

風邪薬の副作用

気管支拡張剤の副作用

気管支拡張剤は、気管支で痙攣がおきると気道が狭くなり、生き苦しくなるのを抑制する働きがあります。この働きで、気管支を広げて空気のとおりを良くし、症状の改善を行います。

気管支拡張剤は、その作用から副交感神経遮断剤、交感神経遮断剤、キサンチン誘導体の3つに分類され、キサンチン化合物はカフェインに似た骨格を持っているので、コーヒー、緑茶や紅茶、またココアを一緒に飲む事で、副作用を強めると考えられています。

副作用として、直接心筋に作用して収縮力を高める効果があり、脳血管や末梢血管が収縮させます。その為、高齢者や、腎肝臓に障害のある人、また心臓病を患っているひとは、持病の悪化や、様態の急変を引き起こす可能性が強いとされています。また、気管支拡張剤は、他の薬と相互作用を起こしやすいという特徴があり、上記の病気ではなくても他に薬を飲んでいる場合は専門家に意見をきいてから服用するようにしましょう。

自律神経を利用して、気管支を拡張する場合も、神経伝達物質が分泌されて、気管支の拡張をしています。これは、気管支に対して自立神経が働きかけて、気管支を拡張しているのですが、自律神経は体のほとんどの機能を管理しているのでシナプスの受容体を刺激したとして、殆んどの器官が自律神経の支配を受けているので、気管支以外の他の器官にも、多少の刺激が起こります。一般的に、気管支拡張剤は気管支だけに働く等になっていますが、用量を無視した服用を続けていると、他の器官にも影響を与える可能性があります。

ミルク牡蠣サプリメント

風邪薬の基礎知識
市販の風邪薬
病院の風邪薬
風邪薬の効果的な飲み方
風邪薬の役割
風邪薬の種類
解熱鎮痛薬
気管支拡張剤
抗炎症(腫れ)
鎮咳去痰
抗ヒスタミン
風邪薬の副作用
解熱鎮痛剤の副作用
気管支拡張剤の副作用
抗ヒスタミン薬の副作用
抗炎症剤
鎮咳去痰の副作用
風邪の基礎知識
夏風邪と冬の風邪
風邪と花粉症
風邪と結核
風邪の症状
風邪の病因
風邪の症状
鼻水・鼻づまり・くしゃみ
インフルエンザ基礎知識
インフルエンザ
インフルエンザの予防
インフルエンザ治療薬 タミフル
Copyright (C) 風邪薬の効能WEB All Rights Reserved