抗ヒスタミン薬の副作用 風邪薬の効能

風邪薬についての情報が満載です。

風邪薬の副作用

抗ヒスタミン薬の副作用

一般的に、市販の風邪薬に、抗ヒスタミンは使用しない方がいいと考えられています。これは、多くの風邪薬で抗ヒスタミン薬が眠気を誘発する為です。眠気を起こす事で、注意力が散漫し、生活に支障することも考えられます。

特に、運転行う人や、重機の操作を行う人など、注意力を要する活動を日常的に行う人は、市販薬に含まれる抗ヒスタミン薬は服用すしない方がいいとされています。ただ、誰でも同じように抗ヒスタミン薬の副作用が現れる訳ではなく、アジア人は西ヨーロッパ人に比べ、抗ヒスタミンの鎮静作用はあまり受けないと言われています。

抗ヒスタミン薬の副作用では、眠くなって集中力がなくなり神経が鈍くなるのとは逆に、神経質になって落ち着きがなくなり、興奮しやすくなるといった逆の反応を示す人もあいます。

特に、子供や高齢者、また脳障害を思っている人は、この逆の反応を示す可能性が高いと言われています。それ以外にも、抗ヒスタミン薬には副作用があり、かすみ眼や立ちくらみなどの貧血症状、頭痛や腹痛、耳鳴り、また動悸や排尿困難などが起こる場合もありますが、ほとんど見られません。

高齢者や妊婦、授乳中である人は、抗ヒスタミン薬を使用する場合は、医師に相談しましょう。特に、高齢者は抗ヒスタミンの影響を、受けやすいと言われています。これらのリスクについて不安が広がっているにもかかわらず、ほとんどのかぜ薬に抗ヒスタミン薬が入っています。

風邪薬の基礎知識
市販の風邪薬
病院の風邪薬
風邪薬の効果的な飲み方
風邪薬の役割
風邪薬の種類
解熱鎮痛薬
気管支拡張剤
抗炎症(腫れ)
鎮咳去痰
抗ヒスタミン
風邪薬の副作用
解熱鎮痛剤の副作用
気管支拡張剤の副作用
抗ヒスタミン薬の副作用
抗炎症剤
鎮咳去痰の副作用
風邪の基礎知識
夏風邪と冬の風邪
風邪と花粉症
風邪と結核
風邪の症状
風邪の病因
風邪の症状
鼻水・鼻づまり・くしゃみ
インフルエンザ基礎知識
インフルエンザ
インフルエンザの予防
インフルエンザ治療薬 タミフル
Copyright (C) 風邪薬の効能WEB All Rights Reserved