抗炎症剤 風邪薬の効能

風邪薬についての情報が満載です。

風邪薬の副作用

抗炎症剤

現在一般に市販されている、全ての非ステロイド性抗炎症薬は、胃の内壁を刺激することで胃の不調を引き起こし、胃潰瘍や、消化器管に出血を引き起こす恐れがあります。その他の副作用として、腎臓障害もあります。もっとも多いのが、胃腸障害ですが、腎障害として浮腫、腎炎、また肝障害では肝炎を引き起こす事もあります。

喘息や肺炎、肺水腫といった呼吸器官系障害も現れる事があり、これは非ステロイド性抗炎症薬に対して、アレルギーを持っている人が、重度の呼吸障害や蕁麻疹を伴っていると考えられます。ショック症状をを起こすこともあり、このようなアレルギー反応があらわれた場合は、迅速に治療し改善する必要があります。また、非ステロイド性抗炎症薬にアレルギーを反応を示す人は、他の症状も重症反応を示すことが多く、どんな非ステロイド性抗炎症薬も使用しないようにして、医師に相談しましょう。

イブプロフェン、ケトプロフェン、ナプロキセンナトリウムは、非ステロイド性抗炎症薬で、市販薬として使用されています。これらの薬は、病院で処方して貰った場合、市販薬よりも、1回の投与量に対する有効成分が多いので、効果も大きいとされています。その為、医師の指示に従い、定められた用量以上を、服用する事のないように注意します。特に、高齢者や、持病のある人は市販薬は使用せずに、医師の診断で服用するようにしましょう。

自動車買取

風邪薬の基礎知識
市販の風邪薬
病院の風邪薬
風邪薬の効果的な飲み方
風邪薬の役割
風邪薬の種類
解熱鎮痛薬
気管支拡張剤
抗炎症(腫れ)
鎮咳去痰
抗ヒスタミン
風邪薬の副作用
解熱鎮痛剤の副作用
気管支拡張剤の副作用
抗ヒスタミン薬の副作用
抗炎症剤
鎮咳去痰の副作用
風邪の基礎知識
夏風邪と冬の風邪
風邪と花粉症
風邪と結核
風邪の症状
風邪の病因
風邪の症状
鼻水・鼻づまり・くしゃみ
インフルエンザ基礎知識
インフルエンザ
インフルエンザの予防
インフルエンザ治療薬 タミフル
Copyright (C) 風邪薬の効能WEB All Rights Reserved