夏風邪と冬の風邪 風邪薬の効能

風邪薬についての情報が満載です。

風邪の基礎知識

夏風邪と冬の風邪

夏風邪を引くやつは馬鹿であると言われますが、実は、夏風邪という言葉は医学的にはありません。冬に感染する一般的な風邪に対して、夏に感染する風邪を夏風邪と呼んでいるだけであって、冬にひく風邪も、夏にひく風邪もまったく同じ病気です。

季節の違いはあっても、風邪はウイルスが、口や鼻の粘膜から体内に侵入することで、免疫反応が働く病気で、正式には上気道炎といいます。上気道炎には、発症が早く数日以内に症状がでる急性と、 鼻水などの分泌物の多いカタル性、細菌や真菌以外のウイルスが原因で起きるウイルス性の3つに分ける事が出来ます。上気道炎は、医学的には鼻から声帯までの炎症をさし、気管支炎が風邪とは言いません。

呼吸器系に症状が出やすい風邪ですが、下痢や腹痛などの症状を引き起こす、消化器症状をもつウイルスも風邪には在ります。良く、お腹にくる風邪と言われます。風邪は、原因となるウイルスが数百種類もいる為、治療は症状を和らげる対症療法が行われます。

冬の風邪の主な原因菌は、コロナウイルスやライノウイルスという種類で、風邪とは異なりますが、インフルエンザも良くみられます。これら冬のウイルスに対し、高温多湿な夏では、アデノウイルスやエコーウイルス、コクサッキーウイルスといったウイルスがみられます。子供の場合は、春から梅雨にかけてヒトメタニューモウイルスといったウイルスにも感染しやすいです。

夏に良くみられるアデノウイルスの、アデノとは喉という意味で、呼吸器系以外に腸でも繁殖し、激しい咳が出る以外に、腹痛が起きる事があります。

風邪薬の基礎知識
市販の風邪薬
病院の風邪薬
風邪薬の効果的な飲み方
風邪薬の役割
風邪薬の種類
解熱鎮痛薬
気管支拡張剤
抗炎症(腫れ)
鎮咳去痰
抗ヒスタミン
風邪薬の副作用
解熱鎮痛剤の副作用
気管支拡張剤の副作用
抗ヒスタミン薬の副作用
抗炎症剤
鎮咳去痰の副作用
風邪の基礎知識
夏風邪と冬の風邪
風邪と花粉症
風邪と結核
風邪の症状
風邪の病因
風邪の症状
鼻水・鼻づまり・くしゃみ
インフルエンザ基礎知識
インフルエンザ
インフルエンザの予防
インフルエンザ治療薬 タミフル
Copyright (C) 風邪薬の効能WEB All Rights Reserved