風邪と花粉症 風邪薬の効能

風邪薬についての情報が満載です。

風邪の基礎知識

風邪と花粉症

風邪の初期症状は、くしゃみや鼻詰まりが止まらなくなります。風邪の場合は、このような症状は長くても1週間で収まります。風邪のひき始めに、しっかり休養を取って抵抗力を高めれば1日で治る場合もあります。しかし、花粉症の場合は、症状が数ヶ月に渡って続きます。

風邪の症状で鼻水が出ている時は、初めは水のようにサラサラした鼻水かでて、症状が悪化すると粘り気が出はじめ、膿のように粘性が強くなります。花粉症の場合は、鼻水の症状に段階はなく、ずっと鼻水が出続けます。 目の痒みの症状は、花粉症特有の症状とされ、風邪の症状でくしゃみや鼻水がでても、目に痒みが起きる事はありません。

風邪の症状の熱は、風邪の場合は微熱が出る事もありますが、一度発熱すると40℃近くの高熱がでる場合があります。花粉症の場合は、微熱が出る事もなくはあ在りませんが、熱が上がっても微熱程度で、高熱が出る事はありません。また、花粉症は風邪と違い症状が、その日の天候に左右されます。

晴天で風が強い日は花粉がたくさん飛ぶので、花粉の症状が悪化しやすいです。逆に、天候が悪い日には症状が軽くなったり、夜間は比較的軽い症状である事が多いです。このような特徴的な症状の違いで、風邪か花粉症か判断する事が出来ます。

風邪の場合、診察を行ってれるのは内科で、花粉症の場合は耳鼻咽喉科です。花粉症は、花粉に対してアレルギー反応があると、花粉症の症状が起こりますが、風邪をひく事で、鼻の粘膜傷つき花粉に対して過剰に反応するようになり、花粉症になってしまう事もあります。

風邪薬の基礎知識
市販の風邪薬
病院の風邪薬
風邪薬の効果的な飲み方
風邪薬の役割
風邪薬の種類
解熱鎮痛薬
気管支拡張剤
抗炎症(腫れ)
鎮咳去痰
抗ヒスタミン
風邪薬の副作用
解熱鎮痛剤の副作用
気管支拡張剤の副作用
抗ヒスタミン薬の副作用
抗炎症剤
鎮咳去痰の副作用
風邪の基礎知識
夏風邪と冬の風邪
風邪と花粉症
風邪と結核
風邪の症状
風邪の病因
風邪の症状
鼻水・鼻づまり・くしゃみ
インフルエンザ基礎知識
インフルエンザ
インフルエンザの予防
インフルエンザ治療薬 タミフル
Copyright (C) 風邪薬の効能WEB All Rights Reserved