風邪と結核 風邪薬の効能

風邪薬についての情報が満載です。

風邪の基礎知識

風邪と結核

結核とは、結核菌が体内に侵入する事で引き起こされる疾患です。結核菌は、風邪と同じく、人から人に感染する伝染病で、主に肺結核と言われます。結核の症状は本来、全身にあらわれますが、肺の症状が最も多いので、肺結核と言われています。結核になると、痰や咳に結核菌が含まれるので、周囲の人に感染してしまいます。

ただし、結核菌が体内に侵入しても、全ての人が結核に感染するわけではありません。 基本的に、結核菌が体の中に入っても、体の免疫組織である白血球や、リンパ球が結核菌に対して防御反応を行ない、結核菌を退治してくれます。しかし、結核菌が肺等に潜み、免疫組織による攻撃を逃れていると、体内で生き続ける事になります。体内で免疫から逃れた結核菌は、死ぬまで何もしない場合や、宿主の免疫力や抵抗力の低下した時に、突然結核菌が暴れだして、結核を発症する場合もあります。

この時、潜伏期間は数年から数十年にもわたっている事があり、いつ感染したかわからない物もあります。 結核菌は、免疫力がしっかりついており、十分働いていれば、初期感染をする事もなく、万一感染しても、その後、抵抗力をしっかりつけていれば発病する事もありません。

結核は、以前は難治の病として恐れられており、呼吸困難を引き起こして死亡してしまう事がありました。現代は、医学の発達で結核が発病しても適切な治療により、完治する事がわかっています。

風邪薬の基礎知識
市販の風邪薬
病院の風邪薬
風邪薬の効果的な飲み方
風邪薬の役割
風邪薬の種類
解熱鎮痛薬
気管支拡張剤
抗炎症(腫れ)
鎮咳去痰
抗ヒスタミン
風邪薬の副作用
解熱鎮痛剤の副作用
気管支拡張剤の副作用
抗ヒスタミン薬の副作用
抗炎症剤
鎮咳去痰の副作用
風邪の基礎知識
夏風邪と冬の風邪
風邪と花粉症
風邪と結核
風邪の症状
風邪の病因
風邪の症状
鼻水・鼻づまり・くしゃみ
インフルエンザ基礎知識
インフルエンザ
インフルエンザの予防
インフルエンザ治療薬 タミフル
Copyright (C) 風邪薬の効能WEB All Rights Reserved