風邪薬の役割 風邪薬の効能

風邪薬についての情報が満載です。

風邪薬の基礎知識

風邪薬の役割

風邪薬は、風邪の原因菌である、ウィルス自体に働きかけて退治するのではなく、風邪の症状を抑えて、症状を緩和するための成分が入っています。 風邪は、風邪薬を飲む事で治ると考えている人が多くいますが、その考え方は間違っています。風邪を治療出来るのは、感染者自身の自己治癒力や免疫力です。

風邪薬はあくまでも、風邪による症状を抑えて、楽にしてくれる為の物で、風邪薬を飲んでいても治癒力や抵抗力がないと、いつまでも風邪がなおりません。回復の手助けをす風邪薬は、鼻水や咳等の苦しみをともなう症状を緩和し、体を楽にして体が抵抗力をつけやするために飲んでいるのです。

風邪に対する特効薬がないのは、風邪の原因となる菌やウイルスが、数百種類もいることから、それぞれの菌に対する薬が作れない為です。風邪の原因菌は数百種類いて、その症状は原因菌によって少しづつ事なっていても、基本的には似た症状なので、どの菌が感染しているかはすぐにはわかりません。その為、風邪薬は症状の緩和を行う対処療法で、これは市販の風邪薬でも、病院で処方される薬でも同じです。

風邪薬の効果では、熱の症状を和らげる解熱作用があります。解熱を行わないと、熱で 頭がボーっとし、思考力の低下や脳細胞の死滅が起こります。・胃薬は解熱剤を飲むと胃が荒れやすくなるので、その緩和のため。抗生物質が処方される事もありますが、風邪菌を退治する為ではなく、風邪で免疫力が落ちてる場合に、他の細菌に感染して病気が併発するのを防ぐために飲みます。

風邪薬の基礎知識
市販の風邪薬
病院の風邪薬
風邪薬の効果的な飲み方
風邪薬の役割
風邪薬の種類
解熱鎮痛薬
気管支拡張剤
抗炎症(腫れ)
鎮咳去痰
抗ヒスタミン
風邪薬の副作用
解熱鎮痛剤の副作用
気管支拡張剤の副作用
抗ヒスタミン薬の副作用
抗炎症剤
鎮咳去痰の副作用
風邪の基礎知識
夏風邪と冬の風邪
風邪と花粉症
風邪と結核
風邪の症状
風邪の病因
風邪の症状
鼻水・鼻づまり・くしゃみ
インフルエンザ基礎知識
インフルエンザ
インフルエンザの予防
インフルエンザ治療薬 タミフル
Copyright (C) 風邪薬の効能WEB All Rights Reserved