咳 風邪薬の効能

風邪薬についての情報が満載です。

風邪の症状

風邪をひいて咳が出るのは、風邪菌などの異物を排出しようと、体の防御反応によって脳から指令がおきている為です。

風邪をひいていない状態でも、気道にホコリなどの異物が入ると咳がでます。また、気道粘膜の線毛では異物が排出されなかったり、飲食物が気管に入ってしまったり、また、非常に冷たい空気や刺激性のある辛いもの蒸気を吸い込んでしまった時なども、それらを排除する為に、反射的に咳が出ます。

咳は、気管や気管支に異変が起こった場合に、中枢神経に伝わる反応です。その為、むやみに咳を抑える事は、本来は異物の排出が行えないという点で、適当とは言えません。しかし、咳が長く続けて出る場合は、体力の消耗や睡眠不足などの悪影響を出します。

通常、喉は粘膜を張って微小な異物を粘膜で抑え込み、体内に入れないようにしています。風邪をひくと、粘液をたくさん分泌して、ウイルスがこれ以上侵入しないように、身を守ります。粘液が多く出るようになると、塊になって痰として排出しやすくなり、咳で排出を促すのです。

風邪の場合、喉の炎症は風邪の原因である細菌やウイルスを攻撃する免疫反応です。肺は、皮膚の次に人の体で汚染されやすいと言われますが、皮膚は洗ったり消毒ができても、肺は、異物が侵入したり、汚れても洗うことができません。そのため、気管の内壁で空気と侵入してきたウイルスを、繊毛で捕まえ外にはい移出される為に、咳がます。

風邪薬の基礎知識
市販の風邪薬
病院の風邪薬
風邪薬の効果的な飲み方
風邪薬の役割
風邪薬の種類
解熱鎮痛薬
気管支拡張剤
抗炎症(腫れ)
鎮咳去痰
抗ヒスタミン
風邪薬の副作用
解熱鎮痛剤の副作用
気管支拡張剤の副作用
抗ヒスタミン薬の副作用
抗炎症剤
鎮咳去痰の副作用
風邪の基礎知識
夏風邪と冬の風邪
風邪と花粉症
風邪と結核
風邪の症状
風邪の病因
風邪の症状
鼻水・鼻づまり・くしゃみ
インフルエンザ基礎知識
インフルエンザ
インフルエンザの予防
インフルエンザ治療薬 タミフル
Copyright (C) 風邪薬の効能WEB All Rights Reserved