熱 風邪薬の効能

風邪薬についての情報が満載です。

風邪の症状

風邪をひくと、頭痛が起きるだけでなく、発熱する場合もあります。風邪は、体内に風邪の原因となる細菌やウイルスが侵入する事で起こります。風邪の原因となるウイルスが体内に侵入しても、体の免疫機関はこれを排除しようとして、防御反応をおこします。この、防御反応は、免疫細胞の白血球などが行います。

ウイルスのさらなる侵入を阻止し、体外に排出する為に鼻水や、くしゃみがでます。同じように、体内のウイルスを攻撃する為に、体は発熱します。風邪の原因となるウイルスは、温度が高い状態では、動きがにぶくなり、逆に、白血球は活動的になり、ウイルスを攻撃しやすくなるのです。

風邪の原因が細菌であってもウイルスであっても、体内に侵入した原因菌は、体が熱を出して殺傷効果を高め、免疫機能によって排除されると、熱が自然と下がります。その為、風邪で熱が出ているのは、体がウイルスと闘っているからで、むしろ風邪を治す事に関してはいい事になります。

しかし、あまり高熱が出てしまうと、必要以上に体力を消耗する事になり、逆に免疫機能が低下してしまう可能性があります。高熱過ぎる場合は、風邪薬の解熱作用のあるもの服用して、上がり過ぎた熱を下げます。健康な体であれば、解熱剤を使用しなくても風邪の原因菌が駆除されれば、熱は自然に下がります。

その為、あまり解熱剤は飲まない方がいいとされています。解熱剤で無理やり熱を下げると、まだ白血球が退治する前にウイルスに好条件の環境に戻って、増殖してしまい、治りにくくななってしまいます。

風邪薬の基礎知識
市販の風邪薬
病院の風邪薬
風邪薬の効果的な飲み方
風邪薬の役割
風邪薬の種類
解熱鎮痛薬
気管支拡張剤
抗炎症(腫れ)
鎮咳去痰
抗ヒスタミン
風邪薬の副作用
解熱鎮痛剤の副作用
気管支拡張剤の副作用
抗ヒスタミン薬の副作用
抗炎症剤
鎮咳去痰の副作用
風邪の基礎知識
夏風邪と冬の風邪
風邪と花粉症
風邪と結核
風邪の症状
風邪の病因
風邪の症状
鼻水・鼻づまり・くしゃみ
インフルエンザ基礎知識
インフルエンザ
インフルエンザの予防
インフルエンザ治療薬 タミフル
Copyright (C) 風邪薬の効能WEB All Rights Reserved