鼻水・鼻づまり・くしゃみ 風邪薬の効能

風邪薬についての情報が満載です。

風邪の症状

鼻水・鼻づまり・くしゃみ

鼻水、鼻づまり、また、くしゃみの症状は、風邪の初期症状として良くみられます。通常、人間は鼻を使って呼吸を行っていますが、鼻の粘膜の中にウイルスが侵入して、増殖すると肥満細胞からヒスタミンが過剰に分泌されてしまいます

ヒスタミンが分泌されると、鼻粘膜の血管が膨張して血流が早くなります。これは、鼻粘膜にいるウイルスを退治する為に、多くの血液を送ろうとするからです。鼻粘膜組織が腫れて鼻の通りを悪くするのは、ウイルスの侵入を防ぐ為で、鼻水をたくさん分泌して、ウイルスや細菌などの体外に排出しようとします。また、鼻粘膜が刺激されると、脳が反射的にくしゃみを起こすので、くしゃみがでてしまいます。

このように、風邪の初期症状である鼻水、鼻づまり、くしゃみは、本来は身体をウイルスから守るための防衛反応ですが、風邪をひいてヒスタミンが過剰に働いてしまうと、これらの症状に苦しむ事になります。

この症状を緩和する為に、抗ヒスタミン成分によって、ヒスタミンの症状を抑える必要があります。塩酸メクリジンは他の抗ヒスタミン成分よりも、作用が現れるのが遅いですが持続時間が長いです。

風邪薬に使用される抗ヒスタミン成分は、ブロムフェニラミン、クロルフェニラミン 、d‐ブロムフェニラミン、ジフェンヒドラミン 、ドキシラミン など様々にありますが、抗ヒスタミン成分は、眠気や注意力散漫の原因なるので、扱いには注意が必要です。

風邪薬の基礎知識
市販の風邪薬
病院の風邪薬
風邪薬の効果的な飲み方
風邪薬の役割
風邪薬の種類
解熱鎮痛薬
気管支拡張剤
抗炎症(腫れ)
鎮咳去痰
抗ヒスタミン
風邪薬の副作用
解熱鎮痛剤の副作用
気管支拡張剤の副作用
抗ヒスタミン薬の副作用
抗炎症剤
鎮咳去痰の副作用
風邪の基礎知識
夏風邪と冬の風邪
風邪と花粉症
風邪と結核
風邪の症状
風邪の病因
風邪の症状
鼻水・鼻づまり・くしゃみ
インフルエンザ基礎知識
インフルエンザ
インフルエンザの予防
インフルエンザ治療薬 タミフル
Copyright (C) 風邪薬の効能WEB All Rights Reserved