解熱鎮痛剤 風邪薬の効能

風邪薬についての情報が満載です。

風邪薬の種類

解熱鎮痛剤

解熱鎮痛剤は、脳の体温調整中枢に働きかけて発熱を抑え、皮膚の血管を拡張させて放熱を促進します。また、神経にははたらいて興奮を抑え、痛みを緩和する効果があります。 ただし、解熱鎮痛剤は脳に影響を与える薬なので、何度も連続で使用する事はやめましょう。

解熱鎮痛剤は、持病の影響で血栓防止薬を服用している人には、出血傾向を強めるので、使用の際には医師に相談する必要があります。

解熱鎮痛薬は、非ピリン系解熱鎮痛薬 、ピリン系解熱鎮痛薬 、非ステロイド性抗炎症薬 の3つに大きく分ける事が出来ます。非ピリン系解熱鎮痛薬は、中枢神経系に働いて、熱を下げて痛みを抑えます。

ピリン系解熱鎮痛薬は、痛みを抑えて、熱を下げる働きがあります。ピリン系解熱鎮痛薬には、炎症を抑える作用もありますが、効果は弱いです。痛みや熱を抑える働きに関しては、効きめも強く長時間作用しますが、発疹や、浮腫、造血障害といった強い副作用があります。非ステロイド性抗炎症薬は、ステロイドではなく炎症を抑える作用をもつ薬です。

解熱鎮痛剤の基本的な作用に加え、筋肉痛や関節炎などの炎症を抑える働きもあります。 市販の解熱鎮痛剤の働きは、痛みの原因を治す根本治療ではなく、痛みを感じにくくしたり症状を和らげ対処療法です。その為、痛みの原因を取り除くことはできず、長期に渡る服用で、胃を荒らすことや、肝腎臓を傷めることがあります。

風邪薬の基礎知識
市販の風邪薬
病院の風邪薬
風邪薬の効果的な飲み方
風邪薬の役割
風邪薬の種類
解熱鎮痛薬
気管支拡張剤
抗炎症(腫れ)
鎮咳去痰
抗ヒスタミン
風邪薬の副作用
解熱鎮痛剤の副作用
気管支拡張剤の副作用
抗ヒスタミン薬の副作用
抗炎症剤
鎮咳去痰の副作用
風邪の基礎知識
夏風邪と冬の風邪
風邪と花粉症
風邪と結核
風邪の症状
風邪の病因
風邪の症状
鼻水・鼻づまり・くしゃみ
インフルエンザ基礎知識
インフルエンザ
インフルエンザの予防
インフルエンザ治療薬 タミフル
Copyright (C) 風邪薬の効能WEB All Rights Reserved