鎮咳去痰 風邪薬の効能

風邪薬についての情報が満載です。

風邪薬の種類

鎮咳去痰

鎮咳去痰は、咳や痰の症状を鎮める働きがあります。呼吸器系が感染を起こすと、感染原因の菌を排除しようと、気道粘膜からの粘液分泌量が増えます。この粘液に、気道に侵入した異物や細菌が混じって痰となります。痰が外に排出されずに、気道粘膜上に残ると呼吸の妨げになり、痰を排出しようと反射的に咳がでます。

鎮咳去痰薬は、咳を鎮め、痰の切れを良くしてくれる風邪薬で、一般的な錠剤のほか、散剤や内用液剤、またシロップ剤やトローチ剤の物もあります。

鎮咳去痰の主な成分は、リン酸コデイン、リン酸ジヒドロコデイン、臭化水素酸デキストロメトルファン、ノスカピン、ヒベンズ酸チペピジン、塩酸クロペラスチン等があります。 リン酸コデインは、呼吸器疾患における咳をしずめ、患部の痛みをおさえたり、下痢の症状を改善します。麻薬性があり、用法を守らないと中毒症状を引き起こす危険があります。

臭化水素酸デキストロメトルファンは、咳を鎮める薬で、リン酸コデインのような依存性はありませんが、痰の少ない咳に向いていて、痰が多いときは、別の去痰薬と使用した方がいいでしょう。ノスカピンは,咳の症状を抑える薬で、咳を起こさせる脳の指令に働いて、咳が出るのを抑える働きがあり、気管支にも収縮が起きないように働いて、咳の症状を抑えます。ヒベンズ酸チペピジンは、興奮をしずめて咳を止め、痰をうすめたり、痰を吐き出しやすくします。

風邪薬の基礎知識
市販の風邪薬
病院の風邪薬
風邪薬の効果的な飲み方
風邪薬の役割
風邪薬の種類
解熱鎮痛薬
気管支拡張剤
抗炎症(腫れ)
鎮咳去痰
抗ヒスタミン
風邪薬の副作用
解熱鎮痛剤の副作用
気管支拡張剤の副作用
抗ヒスタミン薬の副作用
抗炎症剤
鎮咳去痰の副作用
風邪の基礎知識
夏風邪と冬の風邪
風邪と花粉症
風邪と結核
風邪の症状
風邪の病因
風邪の症状
鼻水・鼻づまり・くしゃみ
インフルエンザ基礎知識
インフルエンザ
インフルエンザの予防
インフルエンザ治療薬 タミフル
Copyright (C) 風邪薬の効能WEB All Rights Reserved