抗ヒスタミン 風邪薬の効能

風邪薬についての情報が満載です。

風邪薬の種類

抗ヒスタミン

ほとんどの市販されている風邪薬には、抗ヒスタミン薬が入っています。抗ヒスタミン薬は、注意力の減退や眠気を誘発するなど多くの副作用をもたらします。ヒスタミンは、体内で肥満細胞と呼ばれる細胞に存在し、免疫に関係する働きがあります。

もし、体外から細菌や風邪ウイルスなどの異物が侵入すると、免疫システムの抗体によって、異物が捕らえられます。この状態で、菌に対する情報を得た免疫は、異物に再び接触するとヒスタミンが放出されます。このヒスタミンの放出によって、アレルギー反応が引き起こされ、鼻水や咳の症状が出ます。

抗ヒスタミン薬は、このヒスタミンの働きを阻止することで、アレルギー反応による、鼻水や咳といった風邪の症状に効いてきます。初期に開発された抗ヒスタミン薬は、ほかにも中枢神経抑制作用、抗嘔吐作用、副交感神経抑制作用などがあります。この為、抗ヒスタミン薬は風邪薬だけでなく、酔い止めやめまいの薬としても使用されます。抗ヒスタミン薬は、初期段階で非常に眠気が強く、日中使用すると眠気で注意力や集中力が散漫になるため、適した薬とはいえません。

現在市販されている風邪薬には、この眠気の部分に改良が行われ、眠くならないようになっています。それでも、眠気がまったくなくなる訳ではないので、車の運転前等は服用しない方がいいでしょう。 抗ヒスタミン薬は、アレルギー症状に対しては、効果的ですが副作用が伴うことも忘れないようにしましょう。

風邪薬の基礎知識
市販の風邪薬
病院の風邪薬
風邪薬の効果的な飲み方
風邪薬の役割
風邪薬の種類
解熱鎮痛薬
気管支拡張剤
抗炎症(腫れ)
鎮咳去痰
抗ヒスタミン
風邪薬の副作用
解熱鎮痛剤の副作用
気管支拡張剤の副作用
抗ヒスタミン薬の副作用
抗炎症剤
鎮咳去痰の副作用
風邪の基礎知識
夏風邪と冬の風邪
風邪と花粉症
風邪と結核
風邪の症状
風邪の病因
風邪の症状
鼻水・鼻づまり・くしゃみ
インフルエンザ基礎知識
インフルエンザ
インフルエンザの予防
インフルエンザ治療薬 タミフル
Copyright (C) 風邪薬の効能WEB All Rights Reserved